株とFXで迷っている方へ:僕が「株」からFXに移った理由

これから投資を始めようとする方は、
FXと株、どちらにしようか
決めかねている人も多いと思います。

 


自分は、株から入り、次にFXに
移ったのですが、今日は、

 


自分がなぜ、株からFXに移った
かを書きたいと思います。

 


自分が、株からFXに移ったのは、「FXは、
銘柄選びに時間がかからない」こと
が大きかった、です。

 

 

僕は2005年頃、ライブドアが始めた
頃に株を始めました。

 


当時はマザーズとかヘラクレスとか
いわゆる新興市場の株ばっかり買って
いました。

 

 

なぜ新興市場の株かというと、東証
一部に上場している大手の企業の株よりも
「値動きがあるから」です。

 

f:id:yoshi4706:20191008153546j:plain

 

 

当時は、


新興市場は全般的に好況だったので、
良いタイミングをつかまえられれば、
カンタンに儲けることができたんですよね。

 


ただ、問題なのは、「人気が出そうな株を
見つけるのが難しい」ということ!

 

 

株は、


基本 長い目で見れば、業績ががよければ
いずれは買われ、価格は上昇していきます。

 

 

ただ、

 


当時の僕は、株を買ってすぐに(短期で)
儲けたい!と思っていましたので,

当然 長期ではなく短期で上昇する株を
見つける必要があったわけです。

 

 

そうすると、


ここで重要になってくるのが「人気」
というやつです。


この「人気」はいわば「期待」とほぼ
同じです。

 


「あそこの会社はこれから業績が伸びそう」
という風潮が市場で伝わると

たとえ今は業績が良くなくても「期待」で
買われ、価格は上昇する。

 

 

このような「期待」で買われる株を
見つけることが、当時の僕にはとても
難しかった~。

 


当時、

 


会社四季報(会社の業績がびっしり書かれて
いる)とかを一生懸命に見て

「人気」のでそうな株を見つけようと
しましたが、まあー、難しかったです!

 


「人気」がでそうと思ってチャートを
眺めても一向に価格が上がる気配はないし

 

また、

 

 

そのような状態にしびれを切らし、
別の既に「人気」になっている株を
買おうとすると、

 

 

その「人気」は剥がれ、買った瞬間から
価格はがつーんと下がっていった。。
という経験を何度もしたものです。

 

そんな僕が


FXに魅かれたのは、売買の対象の数が
決まっているので「銘柄選びに時間が
かからない!」ということ。

 


株であれば、それこそたくさんの銘柄
がありますが、


FXだと、両手にちょっと余るくらいの数
から売買の対象を決めればいいわけです。

 


具体的には、次の銘柄数くらいあれば
十分です。

 


通貨ペア名   通貨組み合わせ
ドル円     ドルと円
ユーロ円    ユーロと円
ユーロドル   ユーロとドル
ポンド円    ポンド(イギリス)と円
ポンドドル   ポンドとドル
ドル円    豪ドルと円
豪ドルドル   豪ドルとドル
ニュージードル円  ニュージーランドドルと円
ニュージードルドル ニュージーランドドルとドル

 

 

上記だけだと9種類です。

 

 

為替なので、株のように「人気で動くことは」
ありません。

 


なので、基本、「決まったチャートパターン」
が出るのを待つだけ、でしたので、


「株よりもなんて楽なんだ~!」と考えた
わけですね。


ちなみに、上記9通貨だけ毎日、チャート
チェックを習慣化しても、


年利30%以上は、普通にイケます。

 


株のやりやすい運用としては、

 


短期売買ではなく、長期の目線、それこそ
5年から10年以上でもつことを前提に考えれば
よいと思います。

 


短期売買は、「人気」で動かされるので、
難しい。

 

 

なので、企業分析をしっかりやり、多少の
値動きがあったとしても、自分の分析を
信じて長くもつのがよいと思います。

 


一方で、FXは短期売買でやればよいと
思います。

 


こちらは、「人気」は関係なく、チャート
パターンのみで利益を出せます。

 

 

まとめると、

 


長期の株運用
 
  +

短期売買のFX


という組み合わせが、資金効率的にも、
またストレスなく運用できる


のではないでしょうか?