GW後半の「幸せの心理学」の良書紹介!

GW終わり間近ではありますが、
あなたが、興味のありそうな
「良書」の紹介をします。

 

f:id:yoshi4706:20190505131457j:plain

 

 
自分は、本を月10冊、年間
120冊ほど読んでて、


ジャンルも、


経営戦略・マーケティング脳科学
心理学・情報論・歴史・宇宙論
量子力学自己啓発


など様々です。


で、ある程度、本を読んでると、


良い本





悪い本


の「目利き」がけっこう、できてきます。


良い本とは、


著者の独りよがりの体験からだけ
ではなく、


根拠をたくさんそえ「客観性」
を備え、


かつ


ロジックがしっかりしていて
説得力のある本です。


なので、


よくある、根拠やロジック
の薄いハウツー本や、


本屋の一番前にある「自分が
○○で成功した」という本
に感化されたことはほとんど
ありません。


「自分が○○で成功した」という
本についていうと、


その人が成功した要因は、その人が
考えだしたノウハウよりも、


「環境や状況、運」に左右されている
場合が多いので、


その状況が自分と違う場合には、
その考え方・方法は実践しに
くいからです。


ですので


良い本とは、ある程度、ボリューム
があり、



「少々読むのが手ごわい」という本
が良書です。


そのような本は、


たくさんの実例や参照文献があり、
また、同時に、それらが著者の
実体験や綿密な研究により
裏打ちされているからです。


まあ、とは言っても、ボリューム
がそれほどなく、読みやすい
本もあるので、


今日は、あなたの興味のあり
そうなジャンルに絞り、


「良い本」をご紹介します。



■今後の人生や生き方を考える
上で有益な本


・「ライフシフト
  リンダ・グラットン
  http://morimo2.info/xgvo


人生100年時代に生きるにあたっての
具体的な準備の考え方・方法が
しっかりとした統計情報・ロジック
で書かれています。


これは、人生の後半を考える年代に
差しかかった40歳以上では「必読書」
と言ってもよいと思います(^^)/


自分も、この本を読んで、今後の
人生後半の生き方を考えました!


・「ハイコンセプト」
 ダニエルピンク
 http://morimo2.info/fCYw


この本、出たのは2006年です。


今後の「AI時代」を考える上
での「左脳よりも右脳優位」
の考えが、


13年前にすでにある程度の
方向性によりまとめられて
いたことに、著者のすごさを
感じます。


左脳は、仕事をしてると勝手に
養われるので、自分の課題は、


右脳をどう伸ばすか?


です。


今回のGW, 大分~熊本~青森
~札幌と周りましたが、


左脳は使わず、なるべく、


感覚で(右脳で)、現地の景観・
食事・人との交流を楽しみ
ました。


まあ、単純に、何も考えずに
遊んでいた、

とも言えますが。(笑)



・「フロー体験~喜びの現象学
 ミハイ・チクセント・ミハイ
 http://morimo2.info/KtWD


この本は、


ちまたの「どうしたら幸せになれるの?」
という、誰もが考える課題への解決を


心理学・文化人類学脳科学・歴史・
神話学などからの膨大な知見をもとに


「これでもか、これでもか」という
くらい脳に叩き込んでくれるすごい
本です。


一般の「幸せ系」の心理学や自己啓発
系10冊を集めたくらいの中身の
濃さです。



この本は、読みこなすには、
心理学の知識がある程度必要には
なりますが、


挑戦しがいのある本なので、
興味のある人はぜひ(^^


自分は、この本を読み、


「自分が今よりもっと幸せになるには
どのような行動をすればよいのか?」


がよくわかりました。


■自分の才能をもっと伸ばす本


・「やればできるの研究ー
能力を開花させるマインド
セットの本」
 キャロル・S・ドウェック
http://morimo2.info/Y0cc


自分の才能や能力は「固定」
ではなく、「努力次第」で
いくらでも伸ばせる!


というのが、著者の主張です。


自分の、


FXは、能力関係なし」に学べば
誰でもできる、という主張の
根拠は、


この本に負うところが大きい
です。


心理学の知識が無くても読める
本ですので、お勧めです!



・「勝ち続ける意志力」
 梅原大悟
http://morimo2.info/C0yW


日本初のプロゲーマー
梅原大悟の本です。


今日よりも明日、自分が進歩
することを目標とし、


やがては世界一のゲーマー
になる軌跡が、著者の子供
のころから年代記の形で、


わかりやすく書かれています。


この本に書かれている「努力
の仕方」は、自分も多いに参考に
しています。(^-^


・「究極の鍛錬」
 ジェフ・コルヴァン
 http://morimo2.info/Rp1m


上記2冊を読んだ方は、次はこの
本にもぜひ、挑戦してください!


世の中の、いわゆる「成功」は、


才能に負う


ところが大きいというのが一般的な
認識です。


遺伝的要素が強いスポーツの
場合は、


その側面は強いと思いますが、



他の分野、例えば仕事・投資(FX含む)
・趣味などの分野では、


一言でいえば、「努力」が「最も」
重要

というのが、この本の主張です。



ただ、


その「努力」も、やみくもに
やればよいというのではなく、


その「仕方・考え方」が重要
ということです。

子供のころや青年期でも


「大したことなかった」


歴史上の偉人(モーツアルト
エジソンアインシュタイン
など)のたくさんの例、


また、


努力がなぜ「もって生まれた才能」を
凌駕するのかを科学的知見で
説明していますので、


説得力、すごいです!



以上になります。



正直、TVを見ながら読める本は
一つもありませんが(笑)、


どれも間違いなく良書です!