どうすれば2000万問題の不安が消えるのか??

一時期、話題になった「老後の2000万
問題」、


少し鎮静化してきましたが、まだまだ
話題になることが多いです。







この「2000万問題」、ニュースの記事を読むと、
「金額」が主な話題になっています。


曰く、安定した老後を過ごすためには「
○○百万足りない。。」と。



ですが、自分は、「問題の本質」は金額面
ではないと考えています。


ではなにが問題の本質かというと、


それは、


「選択肢がないことからくる不安」。


これこそが、


「2000万問題」に敏感になる人の
「本当の不安の源泉」と考えて
います。



自分が、このように考える根拠、


それは自分の体験、


そして、FXスクール事業を営む
中での、50歳ー80歳の人たち
との会話

から来ています。


今日は、自分の経験から、お話ししたい
と思います。


自分は会社を辞めて独立したのが7年前に
なります。


前の会社は、


東証1部上場の会社で、誰もが
聞いたことのある、有名な光学
メーカー。


そこで、


新製品の企画~販売までの一連の
流れを企画立案して、グローバルに
展開していくマーケティング業務に
携わっていました。



年収もそこそこあり、800万は
あったと思います。


マーケティング職は、どこの
会社でも重要な部署なので、


そのような意味では「花形」
だったかもしれません。


ですが、



将来への不安」はものすごく
ありました。


当時、辞めた時の年齢が、42歳
だったのですが、


辞めるまでの5年間くらいは「不安」が
ほんとうについて回りました。


でも、誰もが知る大企業で、マーティング
という花形職。


「普通だったら、「年金」もそこそこあり、
退職時にも困らなく、不安など無いの
では?」


そう思うかもしれません。



確かに、


前職の会社は、オリジナル技術を
もち、世界に販売網があったので、


そういった意味では、
「つぶれる」とは考えてません
でした。


なので、自分の場合の「不安」とは
「お金」というわけではなく、



年をとって「何もできなくなる。。」
という不安でした。



当時の自分のポジションから考えて
まず、出世は頭打ち。


すると、下の若い有望な人間が
あがってくると、


自分のポジションは彼らに奪われます。


奪われた自分のその後の仕事は?
というと、


もう「会社経営にとって重要度の
低い」仕事になります。



なので、当時、40歳の自分は、


・50歳
・60歳


の自分を考えると、ほんと「暗い」
気持ちになりました。


会社で重要でない仕事を面白いと
も思わず, とりあえず5時30分
までやり、


そのあとは、


会社の同僚と近くの居酒屋で、会社や
出世した同僚の悪口を妬む感情を
「隠しながら」くっちゃべる。。



「会社を辞めたい」とは思いながら
「会社組織から外れると、自分には
何もできない。。」と思い、



週末や年3回の休暇を楽しみに
生き、そして定年を迎える。。。


「このままいけば、お金は貯まる
だろうな。。」と思って
いました。


でも、


「ずーっとあと20年我慢して
貯まるお金ってなんの意味が
あるのかな。。」


って当時、ぼんやりと考えて
ました。



以上が、


当時の自分の不安の本当の正体で、
それは、お金ではありません
でした。


繰り返しになりますが、


・自分は会社から離れると何も
 できない
     ↓
・会社に頼らざるおえない
     ↓
・自分は何もできない。。
     ↓
・年をとると、もっと「何もできなく
 なる」。。


以上の「無力感」の心理、「他に選択肢が
ない」という不安から来ていました。



その後、あれこれ考えた結果、


FXに出会って、


「自力でお金を稼ぐスキル」」を
マスターしたことで、


この「無力感」が無くなり、


「自分はもっとできる!選択肢は
無限にある!」


と思えてきて、会社を辞めました。


このあたりの経緯は、以下のブログ
で詳しく書いてます。

     ↓

「告白:自分が出世をあきらめFXを
始めた理由」
http://yoshi4706.hatenablog.com/entry/2019/10/12/144018



自分の場合の状況と、今の「2000万問題」
の状況が違うということは承知しています。


会社で出世しなくても、


・家族を大切にする生き方
・趣味を大切にする生き方


もあるということも理解しています。



ですが、そのような状況の違いはあれ、


「自力でお金を稼ぐスキル」があれば、
こうまで「2000万問題」に敏感に
ならないのでは?


とやはり思います。



このブログでご案内している「ライフシフト
FX」は、


自分の経験から、一人でも多くの人に


・自分はまだまだできる!
・自分には無限の選択肢がある!


と、年齢を重ねても感じていただける
ように、


「確実」にマスターできるような
運用にしています。


足かけ7年、商品開発にも1000万は
費やしています。


*FXの技術面もさることながら、
 受講生が「確実」に成果を出せる
 ための心理面の学習の授業料が
 大きいんですよね。


以上、「男性」である自分の視点から
の話です。


ですが、


女性のあなたも、「2000万問題」と聞くと
「不安になる。。」というのであれば、


ご自分の胸に手をあててよく考えて
みてください。


不安の根源は、「他に選択肢がない」
ことが大方というということが
わかると思います。



お金が「今、あるかないか」は、単なる
「過去のつみあげ」に過ぎません。


生活して生きる中で、「お金は当然
減っていくもの」です。


なので、老後を安定的に過ごすために

あと○○百万必要。。と「不足」から
考えるのではなく、


「お金を自ら創り出す」考えにする!



こういう考え方を、今の日本の社会に
もっと広めていきたいと思います。(^^



 

 

実録:お金を投信に預ける限界を感じました......

先週、独立系長期投信のとある老舗ファンドの勉強会に行ってきました。



この会社の経営理念や一般の個人投資家への思いは素晴らしく、とても勉強に
なりました。



このファンド、


10年以上の歴史で、顧客数は10万を超えるということで、いかに世の中に
ファンが多いかということですよね。

 

でも、参加者でちょっと気になった発言をする方がいました。


50代後半とおぼしき女性の方です。


不安げなお顔で、


「これまでは投信で10年運用してて、資金は2倍になった。でも今後は給料も
下がるし、年金もあまり期待できない。今後はどのくらいの期間で投資をすれば
よいか?」

という質問をされていました。


この質問に対して、ファンドの代表の方からは、


「10年以上が投資効果があるから、それくらいがよい」との回答でしたが、


質問をした女性の顔色は「。。。」と不安げな様子は強まっていました。



自分は、この女性の心理はこういうことかなと感じました。


資金は確かに2倍になった。でも、余裕がある暮らしをするには、まだまだ。
       ↓
給料も減り、年金も少ないという不安がある
      ↓

今後の人生の時間を考えると、できるだけ早めにお金を増やしたい


この方が、気にしているのはズバリ「年齢」です。


人生100年時代といっても、「自分が健康で元気でいられる期間がどのくらいか?」
はだれにもわかりません。


この方の年齢が、仮に57歳とします。


ファンドの代表者のアドバイス通りに、また10年預けたとすると、年齢は67歳に
なります。


でも、その10年で、過去のように資産が2倍になるかどうかはわかりません。


場合によっては「損失」になる可能性もあります。


であれば、


自分がまだ元気なうちに、お金を早く増やし、余裕のある生活をしたい


と思うのは、当然のことです。


ですが、


この女性の方は「自分でお金を増やすことができない」ので、早くお金を増やしたいとは思いつつも、やはり、投信のような「長期の運用」に頼るしかありません。



でも、繰り返しになりますが、


長期の投信の運用だと、時間をかけてもどのくらい増えるかわからないし。。。


その時の自分の年齢は。。。



となり、堂々巡りです。


「長期の投信の運用」、自分は全く否定をするつもりはありません。


実際、自分も「ドルコスト平均法という堅い運用の投信を10年以上やっています。


これはこれでいいと思うんですね、ほんと。


自分の長期の投信の運用でも、大体3%くらいの利回りになっているので、
「完全ほったらかし」の運用としては、悪くないとおもいます。


でも、仮に、自分が、FXをやらずに「投信」だけをやっていたとすれば、
この質問をした女性と同じように、「不安は消えなかった」と思います。


それは、


投信でお金が増えても、基本は「市場まかせ」で、自分で「利益額」をコントロールできないからです。


自分の投信も、メインは新興国株ですが、今後の人生100年で「どこまで利益が出るか」は、もう世界の景気次第です。


でも、うまくいったとしても、その投信の過去実績からいって年5%~6%くらいと
考えてます。


また、長期なので、すぐに利益にはならず、少なくとも10年以上待つ必要があります。


その時の自分の年齢をかんがえると、もう気持ちは、質問をした女性と一緒です。(^^


*今、49歳なんで、59歳になるということです。


ですが、


自分は、「ライフシフトFX」という堅い堅い、FX運用を創り出し、自分でも実践
しているので、


以前、感じていたような「未来の不安」はもうありません。


ここに、


自分が、もっとより多くの人たちに、ライフシフトfx」を勧めたい理由があります。


ライフシフトfx」は、とにかく「堅く」、ずーーっと5年・10年・20年と安定的に運用すること


だけを目的としています。


なので、「億り人」や「専業トレーダー」のような夢はありません。


ですが、一般の方が、FX初心者の方であっても


「誰もがスキマ時間(1日30分未満)」で、年利30%以上を毎年、確保できる


運用にしています。


その運用面には、


脳科学・心理学の知見をふんだんにとりいれ、「習慣」で運用できるようにしています。

 

このブログで何度か紹介していますが、

「FXを始めて4か月で将来の不安が無くなったという80歳女性 Tさん」


動画は↓から。
 https://youtu.be/SQOvey4adSg



この方は、「ライフシフトfx」を学び始めて


4か月で将来の不安が無くなった


と言っています。


このTさん、金額的にはまだ大した稼ぎではありません。


ですが、


未来を「自分でコントロールできる!」


と思えたからこそ、「不安が無くなった」と言える、ということです。


お金をプロに預けて100万の利益が仮に入ってきたとしても、「不安」は消えません。


ですが、


自分で未来をコントロールできるスキル」をマスターすれば、


未来の不安は、100%まではとはいかないまでも、大幅に減り、
逆に、未来が楽しくなります。


ライフシフトFX、今後の人生100年向けて、ほんと、もっと多くの人にマスター
してほしいと切に願っております。
(^^

 

 

告白:自分が出世をあきらめFXを始めた理由

 スクールの目標は、


「全受講生が30%以上の稼ぎを生涯、習慣」としてできるようにすること
です。


その目標達成のため、スクールでは、教育理念として、


学習塾のKUMONの考え方を採用しています。


KUMONの考え方の特長は以下の通りです。


・自学学習

・個人別/能力別学習

・スモールステップの教材



スクールのKUMONをまねた
学習の取り組みは以下より。
   ↓
http://officelevert.jp/スクール入校案内/


KUMONは、


子供たちに、


「やればできるという自己肯定感」を感じさせ、


そして


「未来への可能性」に向け、積極的に行動してもらうべく、上記3つの学習スタイルを取り入れています。


自分は、この理念を、子供ではなく大人向けに適用させ、社会人の大人の方へも、「やればできるという自己肯定感」を感じさせ、「未来への可能性」に向け、積極的に行動してもらうべく学習のカリキュラムを作成しています。

 


そして、

 

自分が、今、FXスクールを運営しているのは、FXで稼ぐ力を身に着けることを通じ、「自分の未来の可能性」に向け、もっと多くの人に扉を開いてほしいという思いが強いからです。

 

 

自分も7年前までは、会社員をしていたので、よくわかるのですが、組織の中にいると、「自分はここまでかな。。」と感じるときがたびたびあります。

 


男性の方は、30代後半くらいから「出世の限界」が見え始めます。

 


また、女性の方も、35歳くらいから、男性以上に悩むことが多いと思います

 

 

仕事のキャリア、家庭、出産など。。

 


自分の場合でいくと、40歳で、自分のキャリアの上限が見えました。

 

 


その当時、課長代理でしたが、課長まではいけても「部長は難しいかな。。」
と。

 

 

また、もしなれたとしても、「社長にはなれない」。

 

 

自分の周りには、優秀な人はごろごろいましたし、それに対して、部長以上のポストは「圧倒的に少ない」わけです。

 


そうすると、

 


「能力」よりも、「縁(上にいきそうな上司)」とか「タイミング」など、けっこう「偶然の要素」が絡んでしまうんですよね。

 

 

ほんと、「能力」がありながら、そのような要素に恵まれず、不遇な時を過ごしている上司の方々、けっこういました。

 


そのような状況の時、自分は考えました、「このままでいいのか?」と。

 

選択肢は2つです。

 


1.会社に残り、出世できなかったとしても「家庭」があり、趣味
  があれば、「幸せな人生」が送れるのではないか?

 

 

2.退職し、独立して事業主としてやっていこうか?

 


年齢も年齢なので、2年間、自己啓発セミナーに行ったり、資格を
とったりして、考え続けました。

 


その結果、自分は、2の「独立して事業主になる」ことを選びました。

 


この選択、周りからは驚きだったようで、なぜかというと、そのような選択をる人は、その会社では、ほぼいなかったからです。

 

 

そこそこ大きな企業だったので、「何もしなくてもそこそこのお金が入り
また休みもそこそこある」

 


なので、

 


会社をやめる → よりよい条件の会社に転職する

 


ということはあっても、「独立」の選択をとる人はいなかったわけです。

 

 

そんなとき、

 


偶然、FXのプロトレーダーに出会い、「FXが、自分の力で稼ぐ強力なスキル」
になることを知りました。

 


退職する前、

 


FPの資格をとったり飲食のFC展開など、いろいろ、独立して模索する道を
かんがえましたが、結局、

 

・資格はとっただけではお金は稼げず

 

また

 


・FC展開は「他人の作ったシステム」にのるだけなので、システム自体が
 悪くなれば終わり

 

 

なので、「独立してやっていく自信」はつきませんでした。

 

 

ですが、FXであれば

 

・それ自体がお金を稼ぐスキル

 


であり、また


・どこか外部のシステムに乗るわけではないので、「つぶれる」心配はない

 

 

ので、FXをマスターすることに「集中」しました。

 

そうして、

 

 

FXをマスターすることで自分にも自信ができ、独立して仮にかたむいたとしても「なんとかなるなるだろうな・・」と思え始めてきました。

 


なので、思いきって、42歳で辞めて独立しました。

 

で、今、現状どうかというと、

 


当時の会社員のときよりも、「人生の満足度」ははるかに高くなりました。

 


仕事は、以前は、楽しいときはありながらやはり「義務感」が強かった。

 


でも、今は、「自分の夢の実現」に向け仕事をしているので、まったく苦に
なりません。

 

 

今後も「仕事の引退」は全く考えず、死ぬ直前まで仕事しているとおもいます。

 


なので、「老後」という言葉は自分には全くなく、ずっと現役のままでいよう
と思います、何歳になろうが。

 


こういう「人間が180度変わる体験」、自分だけではなく、みな、できます。

 

 

FXをマスターする」ということは、ほんと、それだけの破壊力があるということです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FXはマルチステージの人生にどのように役立つのか??.

運営するfxスクールで教えているFX、「ライフシフトFX」と呼んでます。

 


この「ライフシフト」って、日本でもベストセラーになった以下の本より拝借しています。


リンダ・グラットン「ライフシフト

f:id:yoshi4706:20190505131457j:plain



この本の言いたいこと、一言でいうと、今後の人生100年を豊かに過ごすため、
金融資産のような「目に見える資産」のみならず、「目に見えない資産」にももっと
目を向けないとダメですよ~、

 


ということす。

 


今の日本のメディア報道では、「人生100年の準備」というと、お金の準備のことを指している場合が圧倒的に多い。

 


でも、

 


人生100年を楽しく、豊かに過ごすためには、「お金」だけもっていたとしても
ダメなのは明らかです。

 


例えば、

 


いくら「お金があれば、したいことができる!」という人でも、友達や家族、恋人などの「円滑」な人間関係があって初めて、そのお金は「有効」なものになります。

 


また、そのような「円滑な人間関係」があってこそ、「お金が必要」とも言えます。

 


「健康」についても同様です。

 


いくら人生100年に向けてお金を貯めようが、「健康」を害してしまえば何の意味もありません。

 

 

このように、

 

 

人生を円滑にさせ、人生や仕事の原動力となる「円滑な人間関係やつながり・愛」
または「健康」を、「ライフシフト」では「活力資産」と呼んでいます。

 


ライフシフト」では、このようにお金以外の「目に見えない資産」を次の3つに分類しています。

 

生産性資産: 仕事の能力やスキル。
       資格もこの分類に
       入ります。

活力資産 : 円滑な人間関係・
       愛・つながり
       健康



変身資産 : 自己主体感(前向きな気持ち)
      ・自己効力感(私はできる!)
       自分への自信、
       など

 

 

このうち、「生産性資産」と「活力資産」はイメージしやすいように思います。

 


「生産性資産」は、いわゆる、転職の「キャリアアップ」に用いられている
資産でもありますし、ね。

 


でも、このうち、一番、わかりにくいのは、最後の「変身資産」だと思います。

 

 

変身資産である

 


自己主体感(前向きな気持ち)
自己効力感(私はできる!)
自分への自信、など、


って、なぜ「人生100年」を豊かに過ごすために必要なの?普通は考えてしまうと
おもいます。

 

 

でも「関係おおあり」で、

 


それは、「ライフシフト」が、「マルチステージの人生」を前提にしているからです。

 

 

今までの「人生80年」だと、

 

生き方は3ステージで、

 

教育(~22歳)→ 仕事(~65歳)→ 老後(~84歳)

 

です。

 

 

でも、今後は、平均寿命が、80歳から100歳まで伸びるので、「仕事で稼ぐ期間」を「現状よりもっと長くしなきゃいけない」ということですね。

 

 

そのために、40歳以上で、また大学で学びなおすということもあるだろうし
(教育)、また、今以上に、

 


本業以外の仕事をもったり、独立したり、さらには40歳以上でも、「自分探しの
旅」というのもありうる話になってきます。

 

これが、人生100年時代の「マルチステージ」の考え方です。

 


今、現状でも、このような「マルチステージ」の生き方を実践されている人はいると
思います。

 


ですが、まだ世間的には少数です。

 

ところが、


これからは必然的に「引退までの期間」が伸びるので、このような、3ステージにとらわれない人生も、より多くの人に現実的になってくるのではないでしょうか?

 

そうすると、

 


当然、そのような「機会」をつかむためには、お金が必要です。

 


ですが、そのような「機会」にチャレンジするには、

 


自己主体感(前向きな気持ち)
自己効力感(私はできる!)
自分への自信、など、

 

 

 

 

も必ず、必要になってきます。

 


そして、自分が、今、今後、ライフシフトFXをもっと多くの人にマスター
してほしいと思う理由は、ここにあります。

 

現状でも、様々な資格をとったり、いろいろな週末セミナーに行っている人は
多いと思います。

 


でも、

 

 

資格はとっただけでは「自分の現状の世界」を抜け出るくらいの
強力な力とはなりにくい

 

 

また、週末セミナーにしてもしかりで、セミナーに行っただけで、「私は、今の世界を飛びだしてもやっていける!」と思える人は少ないと思います。

 

 

ですが、スクールで学ぶ、お歳80歳のTさんのように、FXを習得したらどうなるか?



 

 


「FXを始めて4か月で将来の不安が無くなった80歳女性 Tさん」

 


学び始めて4ヵ月で「将来の不安がなくなった!」というのは、Tさんご自身が

 


自己主体感(前向きな気持ち)
自己効力感(私はできる!)
自分への自信、など、

 


を「持ちえた」からです。

 

 

繰り返しになりますが、単なる資格をとるだけ、また英会話を習うだけでは、このような「自分を変える原動力」にはなりにくい。

 


ですが、FXをマスターすることによって、「自分を変える原動力」が生まれます。

 

 

でも、「FXをマスターするって、そんなに自分を変える力になるの?」こう思う人も多いと思います。

 


なので、このブログでは、その点、もつと深堀して、今後お話ししていきます!

 

 

株とFXで迷っている方へ:僕が「株」からFXに移った理由

これから投資を始めようとする方は、
FXと株、どちらにしようか
決めかねている人も多いと思います。

 


自分は、株から入り、次にFXに
移ったのですが、今日は、

 


自分がなぜ、株からFXに移った
かを書きたいと思います。

 


自分が、株からFXに移ったのは、「FXは、
銘柄選びに時間がかからない」こと
が大きかった、です。

 

 

僕は2005年頃、ライブドアが始めた
頃に株を始めました。

 


当時はマザーズとかヘラクレスとか
いわゆる新興市場の株ばっかり買って
いました。

 

 

なぜ新興市場の株かというと、東証
一部に上場している大手の企業の株よりも
「値動きがあるから」です。

 

f:id:yoshi4706:20191008153546j:plain

 

 

当時は、


新興市場は全般的に好況だったので、
良いタイミングをつかまえられれば、
カンタンに儲けることができたんですよね。

 


ただ、問題なのは、「人気が出そうな株を
見つけるのが難しい」ということ!

 

 

株は、


基本 長い目で見れば、業績ががよければ
いずれは買われ、価格は上昇していきます。

 

 

ただ、

 


当時の僕は、株を買ってすぐに(短期で)
儲けたい!と思っていましたので,

当然 長期ではなく短期で上昇する株を
見つける必要があったわけです。

 

 

そうすると、


ここで重要になってくるのが「人気」
というやつです。


この「人気」はいわば「期待」とほぼ
同じです。

 


「あそこの会社はこれから業績が伸びそう」
という風潮が市場で伝わると

たとえ今は業績が良くなくても「期待」で
買われ、価格は上昇する。

 

 

このような「期待」で買われる株を
見つけることが、当時の僕にはとても
難しかった~。

 


当時、

 


会社四季報(会社の業績がびっしり書かれて
いる)とかを一生懸命に見て

「人気」のでそうな株を見つけようと
しましたが、まあー、難しかったです!

 


「人気」がでそうと思ってチャートを
眺めても一向に価格が上がる気配はないし

 

また、

 

 

そのような状態にしびれを切らし、
別の既に「人気」になっている株を
買おうとすると、

 

 

その「人気」は剥がれ、買った瞬間から
価格はがつーんと下がっていった。。
という経験を何度もしたものです。

 

そんな僕が


FXに魅かれたのは、売買の対象の数が
決まっているので「銘柄選びに時間が
かからない!」ということ。

 


株であれば、それこそたくさんの銘柄
がありますが、


FXだと、両手にちょっと余るくらいの数
から売買の対象を決めればいいわけです。

 


具体的には、次の銘柄数くらいあれば
十分です。

 


通貨ペア名   通貨組み合わせ
ドル円     ドルと円
ユーロ円    ユーロと円
ユーロドル   ユーロとドル
ポンド円    ポンド(イギリス)と円
ポンドドル   ポンドとドル
ドル円    豪ドルと円
豪ドルドル   豪ドルとドル
ニュージードル円  ニュージーランドドルと円
ニュージードルドル ニュージーランドドルとドル

 

 

上記だけだと9種類です。

 

 

為替なので、株のように「人気で動くことは」
ありません。

 


なので、基本、「決まったチャートパターン」
が出るのを待つだけ、でしたので、


「株よりもなんて楽なんだ~!」と考えた
わけですね。


ちなみに、上記9通貨だけ毎日、チャート
チェックを習慣化しても、


年利30%以上は、普通にイケます。

 


株のやりやすい運用としては、

 


短期売買ではなく、長期の目線、それこそ
5年から10年以上でもつことを前提に考えれば
よいと思います。

 


短期売買は、「人気」で動かされるので、
難しい。

 

 

なので、企業分析をしっかりやり、多少の
値動きがあったとしても、自分の分析を
信じて長くもつのがよいと思います。

 


一方で、FXは短期売買でやればよいと
思います。

 


こちらは、「人気」は関係なく、チャート
パターンのみで利益を出せます。

 

 

まとめると、

 


長期の株運用
 
  +

短期売買のFX


という組み合わせが、資金効率的にも、
またストレスなく運用できる


のではないでしょうか?

 



8月のマネー/FX/心理学セミナーのご案内!

来月のマネー/FX/心理学セミナーのご案内です!

 

■初心者向けマネーセミナー

 

日時:8月29日(木)19時30分ー21時

場所:勝どき駅近くのタワーマンション

参加費:¥3000

 

*終了後、懇親会(実費)

 

来月は、お友達の川畑さんの特別セミナーです!

 

f:id:yoshi4706:20190719132250p:plain

 

「たった6年間で2000万ためた方法」を川畑さんが、わかりやすく

お話ししてくれます!

 

参加希望の方は、

 

以下のURLにお名前と電話番号に、「8月29日のマネー

セミナー参加希望」の一言を添えて、参加申し込みをしてください。

        ↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uksrxq

 

 

■初心者向け「スキマ時間で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐライフシフトFX」
セミナー

 

ライフシフトfx」は、

 

・誰もが

・学べば

・できるようになる、

 

ステップバイステップ式の「200%わかりやすい」
FXです。

 

受講生のインタビュー動画をご覧ください。

 

FXを始めて4か月で将来の不安が
無くなったという80歳女性 Tさん

 

youtu.be

 

子供に【人生100年時代のライフシフトFX】を
教えたいI さん 

 

youtu.be

 

「FXが今後の資産運用のスキルに
なってきた」Mさん 

youtu.be

 

FXで稼ぐ力がついてくると、将来の不安が

無くなり、

 

毎日が楽しくなってきます。

 

「自分で人生を切り開ける!」と思えて

くるからです。

 

もし、あなたが、

 

「将来が不安・・・」

「自分で自分の人生をコントロールしたい!」

と思うのであれば、

 

是非1度、セミナーに参加されてみてください。

内容については、絶対に損はさせません! 

 

ご参加希望は、以下のURLより参加申し込み
をしてください!

 

・8月11日(日)14時―17時

 

www.seminarjyoho.com

 

・8月17日(土)14時―17時

https://www.seminarjyoho.com/course_show_420778.html

 

・8月18日(日)14時―17時

http://www.seminarjyoho.com/course_show_420778.html

 

・8月21日(水)19時―21時30分

http://www.seminarjyoho.com/course_show_420778.html

 

 

あなたと会場でお会いできることを
楽しみにしております!

GW後半の「幸せの心理学」の良書紹介!

GW終わり間近ではありますが、
あなたが、興味のありそうな
「良書」の紹介をします。

 

f:id:yoshi4706:20190505131457j:plain

 

 
自分は、本を月10冊、年間
120冊ほど読んでて、


ジャンルも、


経営戦略・マーケティング脳科学
心理学・情報論・歴史・宇宙論
量子力学自己啓発


など様々です。


で、ある程度、本を読んでると、


良い本





悪い本


の「目利き」がけっこう、できてきます。


良い本とは、


著者の独りよがりの体験からだけ
ではなく、


根拠をたくさんそえ「客観性」
を備え、


かつ


ロジックがしっかりしていて
説得力のある本です。


なので、


よくある、根拠やロジック
の薄いハウツー本や、


本屋の一番前にある「自分が
○○で成功した」という本
に感化されたことはほとんど
ありません。


「自分が○○で成功した」という
本についていうと、


その人が成功した要因は、その人が
考えだしたノウハウよりも、


「環境や状況、運」に左右されている
場合が多いので、


その状況が自分と違う場合には、
その考え方・方法は実践しに
くいからです。


ですので


良い本とは、ある程度、ボリューム
があり、



「少々読むのが手ごわい」という本
が良書です。


そのような本は、


たくさんの実例や参照文献があり、
また、同時に、それらが著者の
実体験や綿密な研究により
裏打ちされているからです。


まあ、とは言っても、ボリューム
がそれほどなく、読みやすい
本もあるので、


今日は、あなたの興味のあり
そうなジャンルに絞り、


「良い本」をご紹介します。



■今後の人生や生き方を考える
上で有益な本


・「ライフシフト
  リンダ・グラットン
  http://morimo2.info/xgvo


人生100年時代に生きるにあたっての
具体的な準備の考え方・方法が
しっかりとした統計情報・ロジック
で書かれています。


これは、人生の後半を考える年代に
差しかかった40歳以上では「必読書」
と言ってもよいと思います(^^)/


自分も、この本を読んで、今後の
人生後半の生き方を考えました!


・「ハイコンセプト」
 ダニエルピンク
 http://morimo2.info/fCYw


この本、出たのは2006年です。


今後の「AI時代」を考える上
での「左脳よりも右脳優位」
の考えが、


13年前にすでにある程度の
方向性によりまとめられて
いたことに、著者のすごさを
感じます。


左脳は、仕事をしてると勝手に
養われるので、自分の課題は、


右脳をどう伸ばすか?


です。


今回のGW, 大分~熊本~青森
~札幌と周りましたが、


左脳は使わず、なるべく、


感覚で(右脳で)、現地の景観・
食事・人との交流を楽しみ
ました。


まあ、単純に、何も考えずに
遊んでいた、

とも言えますが。(笑)



・「フロー体験~喜びの現象学
 ミハイ・チクセント・ミハイ
 http://morimo2.info/KtWD


この本は、


ちまたの「どうしたら幸せになれるの?」
という、誰もが考える課題への解決を


心理学・文化人類学脳科学・歴史・
神話学などからの膨大な知見をもとに


「これでもか、これでもか」という
くらい脳に叩き込んでくれるすごい
本です。


一般の「幸せ系」の心理学や自己啓発
系10冊を集めたくらいの中身の
濃さです。



この本は、読みこなすには、
心理学の知識がある程度必要には
なりますが、


挑戦しがいのある本なので、
興味のある人はぜひ(^^


自分は、この本を読み、


「自分が今よりもっと幸せになるには
どのような行動をすればよいのか?」


がよくわかりました。


■自分の才能をもっと伸ばす本


・「やればできるの研究ー
能力を開花させるマインド
セットの本」
 キャロル・S・ドウェック
http://morimo2.info/Y0cc


自分の才能や能力は「固定」
ではなく、「努力次第」で
いくらでも伸ばせる!


というのが、著者の主張です。


自分の、


FXは、能力関係なし」に学べば
誰でもできる、という主張の
根拠は、


この本に負うところが大きい
です。


心理学の知識が無くても読める
本ですので、お勧めです!



・「勝ち続ける意志力」
 梅原大悟
http://morimo2.info/C0yW


日本初のプロゲーマー
梅原大悟の本です。


今日よりも明日、自分が進歩
することを目標とし、


やがては世界一のゲーマー
になる軌跡が、著者の子供
のころから年代記の形で、


わかりやすく書かれています。


この本に書かれている「努力
の仕方」は、自分も多いに参考に
しています。(^-^


・「究極の鍛錬」
 ジェフ・コルヴァン
 http://morimo2.info/Rp1m


上記2冊を読んだ方は、次はこの
本にもぜひ、挑戦してください!


世の中の、いわゆる「成功」は、


才能に負う


ところが大きいというのが一般的な
認識です。


遺伝的要素が強いスポーツの
場合は、


その側面は強いと思いますが、



他の分野、例えば仕事・投資(FX含む)
・趣味などの分野では、


一言でいえば、「努力」が「最も」
重要

というのが、この本の主張です。



ただ、


その「努力」も、やみくもに
やればよいというのではなく、


その「仕方・考え方」が重要
ということです。

子供のころや青年期でも


「大したことなかった」


歴史上の偉人(モーツアルト
エジソンアインシュタイン
など)のたくさんの例、


また、


努力がなぜ「もって生まれた才能」を
凌駕するのかを科学的知見で
説明していますので、


説得力、すごいです!



以上になります。



正直、TVを見ながら読める本は
一つもありませんが(笑)、


どれも間違いなく良書です!